1. HOME >>

ミキサーカートリッジの特徴・構造

先端部での混合状態が必要条件を満たすようにするため、ミキサーカートリッジの内容積は何種類かのものを用意しております。
ノズル先端とミキサー内壁を常にクリーニングする構造によって速硬化樹脂でも長時間液切れ、混合状態の良い吐出を続けることができます。

ミキサーカートリッジ内部での混合状態の説明図


ミキサーカートリッジの内容積

ID-200N/MGP-X020用 0.05cc〜1.5cc
ID-300N/MGP-X030用 4.0cc〜28.0cc

ミキサー回転数

200r.p.m 400r.p.m 1250r.p.m 2400r.p.m 可変式(特注オプション)