1. HOME >>

マイクロギアポンプの特徴・構造

MGPマイクロギアポンプを使用した吐出装置は、ケースとギア―のクリアランスが非常に少ないため、使用環境の温度、使用する接着剤の粘度、吐出圧力等の変化による吐出量、混合比の変化が殆どなく、長時間安定した吐出を続けることができます。

MGSマイクロギアポンプの構造


容積効率が高いことによって、回転角度と吐出量がほぼ比例する為ポンプの回転角度によって吐出量を決定できる

MGSマイクロギアポンプの種類

ID−200N/MGPーX020用 MGP−1.5型 MGP−2型 MGP−2.5型 微少量吐出用
ID−300N/MGP−X030用 MGP−J3型 MGP−3型 MGP−3.5型 多量吐出用