1. HOME >>

フィラーが分離沈殿する樹脂の取扱について

ウレタン、エポキシ、シリコーン等の2液混合型の樹脂には、樹脂の特性を良くするため分離沈澱するフィラーが入っている樹脂があります。
弊社では、お客様の使用する樹脂に入っているフィラーの粒子に合わせてポンプのクリアランスを調整してポンプを組み上げておりますが、分離沈殿する樹脂を使用する上では、吐出作業を長期休止する場合や、新しいポンプに交換する場合等には下記の対応作業が必要になります。

1.タンク内に樹脂を投入する際は事前に樹脂容器を十分に撹拌し、真空脱泡を行ってからタンク内に投入してください。(特にメーカーから入荷した後、使用開始までの保存期間が長かった場合などは、良くかき混ぜないと容器の底に沈殿したフィラーが固まりのままギヤポンプに流れていき、ポンプをロックさせる危険があります。)

2.分離沈殿が激しい樹脂の場合には、作業開始前にはタンク内の沈殿物をヘラなどで泡立たぬよう手動にて撹拌してください。特に2日以上の休日明けは、分離沈殿が激しい場合があるので注意してください。
撹拌後は必要に応じて真空脱泡をしてください。
(真空脱泡を行うとタンク内の樹脂が吹き上がりますので、タンク内の樹脂は少なめにしていただくことをお勧めします。)

3.作業開始前(装置の立ち上げ時)には、ギヤポンプをいきなり高回転で連続運転をしないでください。フィラーが沈澱してるためギヤの回転がロックし、ギヤポンプのシャフト捻れや折れの原因になります。
ギヤポンプの動きが渋い場合にはお手数ですが、ギヤポンプを本体から外してジョイント部にドライバーなどを差し込み、手動にて正転逆転を繰り返しギヤポンプを馴染ませながら徐々に回転させた後、しばらく手動にて回転させてください。

4.手動にて回転確認を行った後、本体にギヤポンプを取付け、連続吐出スイッチ主剤、硬化剤それぞれでON、OFFを繰り返し徐々に回転させてください。
チューブ内も分離沈殿をしていますので、しばらく樹脂を出して配管内を置き換えてください。

5.長期休暇の際はタンク及び配管、ギヤポンプ内の樹脂は抜いてください。樹脂を抜く際は連続運転で樹脂を吐出すると、ギヤポンプの摩耗が早くなりますので、長時間の運転は行わないで下さい。本体からタンクギヤポンプを外して、チューブは使い捨て、タンク内の樹脂は容器などに移してください。配管材料もしっかり樹脂を抜いてください。
ギヤポンプはシリコーンオイルや不活性溶剤などを封入したのち密封してください。(ギヤポンプ内の樹脂がしっかり抜けないと動作不良の原因になりかねませんので、可能であればその段階で弊社にてのオーバーホールをお勧めします。)